なないろデザイナーフーズ協会
理事長挨拶

なないろデザイナーフーズ協会は、その名称のとおり、「なないろのデザイナーフーズ」を開発、製造、販売しようとする団体・個人が結集する会です。 デザイナーフーズは、アメリカの国立ガン研究所のデザイナーフーズ・プロジェクトに由来するものですが、当協会は、多種多量の野菜を生産する恵みの大地北海道に根ざし、野菜に含まれる抗酸化物質であるファイトケミカルを豊富に取り入れた食品(=なないろデザイナーフーズ)を開発して消費者の皆様にお届けすることで、人々の食することの楽しさと健康の維持増進に少しでもお役にたちたいと願う食品の研究開発企業、加工業者、販売業者等により設立されました。

私事ですが、長年にわたるフードコーディネート及び食に関するテレビ番組などでの農産物の生産現場の取材、執筆活動などを通して、自然で健康に配慮し丹精込めて生産した農産物を消費者に届けたいと願う生産者と、日常生活の中で安心して食することを楽しみながら健康な生活を送りたいと願う消費者の思いをつなぐ活動の重要性を痛感してまいりました。

この度、自然野菜そのままを原料に、含まれるファイトケミカルを残存させながら食品に着色可能な七つの色の野菜ペーストを製造する技術が開発されたことで、大きく七つの色に分類しデザインされたなないろデザイナーフーズを、多種多品目にわたって開発し製造できる可能性が開けました。

時代は「豊食」から「宝食」へと移り変わろうとしているとも言われています。当協会に結集する会員の熱意と創意工夫によって、消費者が求める安全・安心で美味しく楽しさに満ちたなないろデザイナーフーズを開発普及し、人々の食することの楽しさと健康増進に寄与したいと切に望んでおります。

理事長:小西克司

理事長:小西克司

[小西克司 プロフィール]

1955年北海道美唄市生まれ
1977年大阪芸術大学デザイン科卒業後独学で料理の道へ
料理のジャンルを問わずフードコーディネートをこなす。
飲食店に関わるフードコーディネート、店名のロゴタイプ、キャラクターの制作、食器の選定、現場での料理指導、新事業の開発などが主な仕事。
道内だけではなく、東京、名古屋、福岡などでもメニュー開発を行う。
札幌のテレビ番組などで「こにかつ」の愛称で多数出演。
新聞や雑誌などで、食に関するコラムを執筆。
NHK「ほくほくテレビ」の金曜日に出演。
現在、NHK北海道「つながる@きたカフェ」に月一回出演中。
2005年度、2006年度、2007年度には、野口観光 食のキャンペーンの企画に参加。

協会からのお知らせ
2013/04/03
なないろデザイナーフーズ協会webサイトをOPENいたしました。