なないろデザイナーフーズ協会TOP > なないろデザイナーフーズ協会について

なないろデザイナーフーズ協会について

理念

当協会は、なないろデザイナーフーズの普及を通じて、食生活に健康と幸せを感じられる社会を実現します。

目的

「豊食の時代」から「宝食の時代」へと移り変わろうとする中で、近年は、食に対する事件事故が増えてきています。
飲食品に使われる着色料についても同様で、近年の健康志向の高まりや安全性に対するイメージなどから、食用タール色素が中心となる合成着色料よりも生物由来の天然着色料が好まれる傾向がありますが、天然着色料であるからといって、必ずしも安心・安全であるとは限らないのが実情です。
例えば、セイヨウアカネの根から抽出されるアカネ色素は、遺伝毒性や腎臓癌を誘発し得るとして2004年に食品添加物としての使用が禁止されています。
また、エンジムシ(コチニールカイガラムシ)から抽出されるコチニール色素は、カルミン酸色素とも呼ばれ、着色の維持が可能なことから、清涼飲料水、アルコール飲料、麺類、カマボコ類、菓子類など、飲食品に対する着色料として幅広く使用されていますが、動物(虫)由来であるということ、喘息やアレルギーの発症の報告があることなどから、使用を控えるべきとの声もあります。今後は、着色の維持が可能で、且つ身体に良い「天然由来」の着色料が強く求められる時代となります。
世界的にファイトケミカルを積極的に摂取すべきという考え方が定着しつつあり、飲食品に対する着色料においても同様の考え方が求められています。安全性が高いうえに彩りが豊富で、発色の良いことに加え、ファイトケミカルを効果的に摂取できる着色料が求められてきました。

今般、これらの求めに応えることのできる自然野菜を主原料とする「飲食品着色用ペースト」(特許出願済み)が開発されました。「ベジジタブルカラーの調合とファイトケミカルズのコントロール方法」という技術を用いて開発された「飲食品着色用ペースト」です。当協会は、参加する会員企業の創意工夫によって、この「飲食品着色用ペースト」を使用した一般食品(なないろデザイナーフーズ)を多数開発製造し、なないろデザイナーフーズの普及に努めます。
消費者や食に携わる企業、生産者、行政と連携し、ファイトケミカルを含む野菜由来の着色料を使用した商品の摂取が健康増進に重要であることを啓発することによって、国民の健康増進に寄与貢献していきます。

事業内容

なないろデザイナーフーズ協会は、次の活動を行います。

  • なないろデザイナーフーズの開発と質の向上に必要な技術開発、及び研究、情報収集に関する活動
  • 本会々員(以下、「会員」という)が行う食品開発に対する協力活動
  • 会員が行う食品の製造、加工、販売、マーケティング等ビジネスに対する協力活動
  • なないろデザイナーフーズの普及活動
  • 本会への入会勧誘活動
  • 前各号に掲げるもののほか、本会の目的を達成するために必要な活動
名 称 なないろデザイナーフーズ協会
設 立 2013年2月22日
所在地 〒060-0062
北海道札幌市中央区南2条西13丁目319-13パシフィック南2条609
連絡先 電話:011-231-7161
FAX:011-522-5708
理事長 小西 克司
副理事長 阿部 稔
理 事 なないろ本舗 合同会社 阿部 基良
合同会社 エッグプランニング 阿部 忍
有限会社リッチジョイ 芳賀 政和
合同会社 新コスモ 宮山 勝彦
一般社団法人 めぐみの樹 大灘 めぐみ

会員

名 称 業 種
なないろ本舗 合同会社 食品の研究・開発
合同会社 エッグプランニング 食品の開発・製造・販売
こにかつアカデミー 食品に関するフードコーディネート・プロデュース
合同会社 新コスモ 食品機器・販売
fiola 食品製造・販売
ハラペコリンコ 食品製造・販売
株式会社まるは製麺所 食品製造
さっぽろできるだけプロジェクト 農業団体
一般社団法人 めぐみの樹 食品製造・販売
有限会社 リッチジョイ フードコンサルティング

入会のご案内

食や健康に関わる企業の皆さまには、なないろデザイナーフーズ協会の理念・目的をご理解いただき、協会へのご参加、ご協力をお願いいたします。

ご入会お申し込み手順

[ご入会までの流れ]

  • メールにて入会ご希望の旨をお知らせください。事務局より折り返し連絡させていただきます。
  • 入会申込書をお送りしますので、必要事項を書き入れていただき、事務局にご返送ください。
  • 事務局審査後、ご請求書を発行させていただきますので、年会費を指定口座にお振り込みください。
  • お振込確認が完了し次第、ご入会となります。